ssd
Google
ホーム > 事業情報 > インタラクティブ技術開発事業 > ハードウェアテクノロジー > 半導体テクノロジー > XaviX 文字サイズ

ハードウェアテクノロジー/半導体テクノロジー/半導体プロセッサ
XaviX

世界各国で特許権が認められた独創的なプロセッサ

XaviXプロセッサは、Audio(音声)およびVisual(映像)をInteractive(インタラクティブ)に生成する多機能かつ低消費電力なマルチメディア・プロセッサです。このXaviXプロセッサを用いることにより、家庭用テレビをインターフェースとする様々なコンピュータ商品を、簡単かつ安価に実現する事が出来るようになりました。当社では、このプロセッサを用いた様々な応用技術の開発、関連商品の開発も行っています。XaviXプロセッサは、他に類を見ない独創的なプロセッサであり、このプロセッサに用いられている当社オリジナルのアーキテクチャ(基本設計)および技術は、世界各国で特許権が認められています。

主な機能及び性能
CPU CISCプロセッサ@21MHz
Graphics Processor コンポジットビデオ信号出力(NTSC/PAL)
ピクセル解像度:256×224ピクセル
同時発色数:約24,000色中256色
スプライト:256個
テキストスクリーン(バックグラウンドスクリーン):2面
ウィンドウマスク機能
Sound Processor 16チャンネル同時再生可能なPCM音源
エンベロープ機能搭載
I/O及び周辺 DMA(Dynamic Memory Access)機能
マウスインターフェース×2
汎用タイマ×1
アナログ入力×6(8ビットADC搭載)
タブレットインターフェース
外部メモリインターフェース アドレスバス:24ビット(最大96Mビットのメモリを接続可能)
データバス:8ビット
用途例
玩具、テレビゲーム・教育機器・健康機器・産業機器

©2003-2007 SSD COMPANY LIMITED. All Rights Reserved.